アムコ カルチャー&ジャーニー

menu

amcoの本『RND_輪土』 第四話

販売価格 950円(本体880円、税70円)

【第四話 房州への旅 「潮風の通る道」】
三浦半島の久里浜から東京湾フェリーに乗って約40分、その先にある房州は、海と山に囲まれた自然豊かな土地。遥か昔、政治の中枢があった畿内から、北方の常陸国を目指す時、現在の東海道をゆく陸路のルートではなく、同じ航路を横須賀から船で上総国へと渡ったといいます。それが、『古代東海道』と呼ばれる海の道です。

神代の伝説、歴史の息づく地で営まれる、房州の暮らしに出会うために、ふたりは海峡を渡り、“潮風が通る道”をめぐりました。

定価: 880円+税
出版:2014/04/20
判形:148×210mm / 68p
ISBN 978-4-907071-03-5


目次
【特集 : 房州】
◎房州への旅「潮風の通る道」
◎古代東海道はウミノミチ
◎旅の雑記帖 ◎房州アプローチマップ
◎つくるひとと:永井 玉江さん(祭り寿司)/今井 茂淑さん・京子さん(free style furniture DEW)/宇山 正男さん(うやま工房)/大場 匠さん(GLASS FISH)浅井 純介さん(海山窯)/菊池 昌子さん(墨染麻小物)/吉野 直子さん(吉野酒造)/西山 光太さん/寺田 昭洋さん(工房寺田)
◎エッセイ 日々道中膝栗毛 寄稿 志川節子
◎通販 amco culture&journey
◎スズカの神サマ仏サマ ◎大将の二輪旅記録

===================================
『RND_輪土』について
amco culture&journey 編著・デザインの『RND_輪土』は
グラフィックデザイナーの前田義生とライターの瀬上昌子が
「繋がり」「縁」に徹頭徹尾こだわって全国を駆け巡る“極・私小説的旅ガイド”

短編小説の中で繰り広げられるリアルな旅のストーリーが
旅行本や雑誌では決して知り得ない町の風景や人々の息づかいを描き出す
とてもマニアックなリトルプレスです

発行:株式会社スクーデリア / スクーデリアブックス
アートディレクション&写真:前田義生
編集&文:瀬上昌子
デザイン:口羽涼香 / 寺村直子
販売サポート:水杉江里
===================================

※『RND_輪土』のみご注文の場合、ご注文画面の配送方法で[クロネコDM便]をお選びください。