かいめいツボ

販売価格 2,200円(本体2,000円、税200円)
在庫数 残り1個です
購入数

ボールペンが一般に普及する昭和40年頃まで事務筆記に重宝されていたのが、実はガラスペン。
そんなガラスペンを使用する時、水でペン先を簡単に洗う事のできる道具が、ペンクリーナーと呼ばれる瓶です。墨汁の『開明』が出していたペンクリーナーのデッドストック。
放射状のブラシが水分を払いますので、ガラスペンのお手入れも簡単にできます。

※新品ですが年式相応の傷やラベル劣化が少々あります。

Top